阿弥陀如来

 阿弥陀如来

梵語アミタ-を音写して阿弥陀といいます。
 四十八の大願を発したインド王族の太子が、世白在王如来のもとで、ついにその大願を成就して
阿弥陀仏となり、西方極楽浄土の教主となりました。この世のすべてのものは、泥沼に根を1 ろす
蓮の華のように本来は清らかなもの、たとえ汚泥の中に生きるとも心の本性は清らかであるとの真
理を教えさとし、衆生を密厳浄土へ導く慈悲深い仏です。
 阿弥陀三尊は、向かって右に観世音菩薩、左に勢至菩薩を配します。
は、戌年と亥年生まれの人の守り本尊とされています。


フリーヒ・hriい慣用音 きりいく
阿弥陀如来真言
おん あ みり た てい ぜい か ら うん