「悉曇梵字」

一、聖語としての梵字の歴史
 まず、梵字、梵語、悉曇、サンスクリット、種7 、梵字仏、文字仏など、本書に出てくる梵字に関する用語を整理しておきましょう。ともすると混乱することがありますから、正しく理解しておくことが大切です。
 古代よりインドで使われている言語「サンスクリット」を「梵語」といいます。この梵語を記すときに用いる文字が「梵字」です。梵字の書体は時代とともに変化しましたが、ふつう日本で梵字といえば、その中の一書体である「悉曇梵字」をさします。
 さて、前述しましたように、仏、菩薩、明王、天部などの諸尊を象徴表示する梵字を「種子」といいます。この種fは、単なる仏のイニシャルとして記されるのではなく、一尊のもつすべてを包蔵しているとされ、梵字の仏さま、つまり「梵字仏」として大切に扱われてきました。三井先生は、これを「文字仏」と名づけたのです。

1、聖なる文字、法の文字
 アショーカ王の碑文と梵字
 梵字は、梵語のブラーフミーの漢訳です。ブラーフミーは「ブラフマン(叩Iヨ~)
のもの」という意味で、ブラフマンとは仏教がおこる前からインドにあったバラモン教の創造神、梵天のことです。「梵天によってつくられた文字」という伝説に基づいて「梵字」の名があるのです。
 しかし、実際にいつ頃ブラーフミー文字が誕生したかについては定説はありません。ブラーフミ上又字で書かれた現存最古のものは、有名なアショーカ王の詔勅刻文で、時代的には紀元前三世紀中頃のものといわれています。
 アショーカ王(在位紀元前二六八―二三二年)はマウリア朝の第三代目の王で、インド半島の南部を除くインド全土を統}して大帝国を築きました。王は仏教に深く帰依し、仏教の信仰と保護を領民に告示するため、石刻の詔勅文を全土に設置しました。詔勅文は石柱や岩石に刻まれ、梵語(実際は梵語方言のプラークリット語)が使われていますが、なかにはギリシヤ語やアラム語(当時の西アジア世界における国際語的な言語)などで、記されているものも発見されている ということです。
 さてヽその碑文は、ぼとんどがブラーフミー文字で記されています。(ごく一部に、当時の西北インドで使用・されていたカローシュテイ字の碑文も発見されています)
その碑文にはダムマリピー 、すなわち「法の文字」と記されております。梵天創造に通じるブラーフミーという名称は、仏教がバラモン教の神々を護法神などに取り入れた後の
こととされています。
 
時代、地域によって変化した字体
 このブラーフミ上又字は、時代を経るにしたがって、あるいは地域によって、その形状がしだいに変化していきました。はじめは単純な線や点によって構成されていましたが、四世紀に入っ
てグプタ朝のころになると、全体的に曲線が入り、優美な書体へと変化していきます。この頃の字体をグプタ型といいますが、このグプタ型を基本にして、五つの字体が登場します。
 そのうちのひとつが、シッダマートリカー型と呼ばれる字体で、六世紀頑か
ら使用され、中国を経て日本に伝えられた梵字悉曇文字です。
 悉曇とは「完成したもの」 「成就したもの」という意味の梵語シッタン
「完成したもの」とは、ひとつには、その文字だけで単独に発音できることをいったものです。また、インドでは学業の成就を祈って、学習用のテキストにシッダラストウ
られよ」という語を記す習慣がありました。それがやがてテキスト(字母表)のタイトルとなり、さらにシッタン(悉曇)と呼称されるようになったということです。
 サンスクリット語を表記する文字の字体は、時代によって、地域によって、変化していきましたが、悉曇文字(シッダマートリカー型)も十世紀を境にナーガリーに吸収されてインドから消えてしまいます。
 なお、現在インドで使用されているデーヴァナーガリー字体は、七世紀頃から使用され始め、インドの大部分に広圭ったIこのナーガリー型に端を発し、やがて「聖なる」
という意味の「デーヴア」という言葉加冠されました。十三世紀の二ろ成立したといわれています。この字体は、各文字の頭部が一続きの線で結ばれ、細長い帯状になっているのが特徴です。

2、日本における梵字の展開
 特異な日本の梵字研究
 さて日本では、仏教の伝来とともに中国を経て伝えられた悉曇文字が、唯一の梵字として長い
歴史の中を生き続けてきました。インドにおける字体の変化は日本には伝えられず、当時の悉曇
文字がそのまま現在まで伝えられています。これは遣唐使の廃止によって新しい梵字の資料が入
ってこなくなったことが、もっとも大きな原囚といえましょう。新しい資料が入ってこないにも
かかわらず、それまでの限られた資料によって伝統的な梵字研究が続けられてきました。さらに二の梵字の研究は、仏教内部の人に限られていましたから、梵字成立の伝説に基づく宗数的な昇華が見られ、神聖な文字として大切に取り扱われてきました。
 
日本の梵字研究における空海の功績
 いつごろ梵字の文献が日本に伝えられたのかは明らかではありません。しかし、推古一五年(六〇七)に遣隋使として大陸へ渡った小野妹子が梵匡(多羅葉という樹の葉に記したインドの経典)をもたらしたということが『斑鳩古事便覧』という古い書物に記されています。の梵医は、大和法隆寺に収蔵されていましたが、現在は、東京国立博物館の法隆寺宝物館に
法隆寺貝葉

 梵字般若心経抒尊勝陀羅尼
  (東京国立博物館所蔵)
所蔵されており、晴天の木曜日に拝観できます世界最古の貝葉写本とされています。
。これが、いわゆる法隆寺社診としてヽ現存する
 しかし、天台宗の伝教大師最澄らによって将来された資料をもとに、わが国で本格的に梵字の研究が始められたのは、平安時代に入ってからの’」とです。とくに真言宗の開祖、弘法大師空海
80七四-八三五)が梵字の将来、研究に果たした役割、功績は特筆に値するものです。その著書『
梵字悉曇字母抒釈義』『大悉曇章』は日本人の手になる初めての梵字文献です。
 

資料を体系化した安然
 弘法大師が開宗した真言密教では、とくに梵字の学習、研究が重んじられたことはいうまでもありません。空海は、数々の貴重な梵字資料を将来しましたが、その中の『悉曇字記』は、悉曇研究の原点となる基本的な資料でした。
      えんにん えんちん えうん しゅえい   るがくそう
 その後、円仁、円珍、慧運、宗叡らの留学僧により悉曇梵字にかんする資料が将来され、その資料は天台宗の阿覚大師安然(八四一-九一五?)によって整理、体系化され、日本の悉曇学は大きな進歩を遂げました。安然は入唐こそ果たせなかったものの、これらの豊富な資料をもとに梵字の研究をすすめ、多くの著作を編みましたが、なかでも『悉曇蔵』八巻を完成させたことは、日本の悉曇学研究に大きな成果をもたらしたといえましう。
 その後ヽ安然の隔世の弟子でヽ日本悉曇学中興の祖といわれた昨t二〇五六-一言一)’に
よって音韻の展開に進歩がみられますが、すでに遣唐使は廃止され、それまでに将来された資料による研究に限られたため、日本の悉曇学は新しい発展はおろか、次第に停滞せざるをえない状況となっていきます。

 平安末期から江戸初期までの悉曇学
 密教僧必学といわれた悉曇梵字の研究も、一般の密教僧にはあまり広まらず、平安末期の東寺の僧、成賢(一一六一-一二三回は
  「梵字とは是れ諸法の本源、密蔵の源底也。故に先徳の伝く、悉曇を知らざるの人は半真言師
 なり。……(中略)……此の道、已に断絶す。密宗の陵遅何事か之に如かん。悲しむべし。悲
 しむべし」
といって嘆いたといわれます。
 このように、鎌倉時代から江戸時代の初めにかけての梵字研究は、それほど盛んではなかった
といえましょう。しかし、天台宗、真言宗の学僧によって研究は受け継がれ、わずかながら著作

  澄憚師の朴筆による梵字
京都・智積院刊『梵書朴筆手鑑』より
梵字研究の復興
江戸時代に入ると、浄厳、澄禅、悪霊尊者飲光といった人たちが悉曇梵字の研究に力をそそぎました。とくに澄禅二六ごニー一六八〇)の功績は、なんといっても、刷毛書きによる美しい見事な梵字の書体を確立したとにあります。さらに、それまでごく限られた人たちの間で伝え
られてきた梵字そのものを一般に広めようと努力された’』とは注目すべきでしょう。
 悪霊尊者飲光(一七一八-一八〇四)は、もっとも困難とされた梵文解読を実践したほか、原典を重視し、梵字の誤伝を批判して字体を正しました。『梵学津梁』一千巻という大著を著わしましたが、民衆の教化にも力を尽くされた高僧でもありました。
 
伝承悉曇学への願い
 さて、明治維新後、あらゆる面に西欧の文化が次々に流れ込んできますと、近代言語としてのサンスクリョト語学の研究がなされるようになりました。しかし、仏教内部に定着し、独白の進
展を遂げてきた悉曇梵字は、今後、伝統的な形のなかで受け継がれていくものと思われます。
 長いインドの歴史の一時期に生まれ、消滅した梵語の一書体が、唯一の梵字として一千年以上も使われ、研究されてきたことは、単なる語学の域を離れた特異な意義をもっていたからといえ 
 
暮らしの中に生きる梵語
 さて梵字は、古く平安のころから石塔などに刻まれてきましたが、卒塔婆や守護札などにも使
われてます。これ以外あまりわたくしたちの目にふれるf」とは少ないのですが、長い間にわが国の文化に深い影響を与えてきました。そのもっとも身近な例が、五十音の配列です。アイウエオ、カキクケコヽ… という配列は、梵語字母(梵語のアルファベヨト)の配列にならって平安時代に生まれたといわれています。
 また、わたしたちが日常使っている日本語の中には、本来梵語であったものが数多く見られます。長い間に日本語化されて使われているもので、漢字に音写されています。たとえば あじやり  あしゅら  あみた  あらかん うらぼん えんま  けさ  ごま こんぴら さんまい しやかむに
 阿闘梨、阿修羅、阿弥陀、阿羅漢、于蘭盆、閻魔、袈裟、護摩、金比羅、三昧、釈迦牟尼、
 しゃもん しゅみ廿ん ぜん ぶごフ そとぅば  だらに だるま だんな とう なし  ねはん びしゃもん ぶっだ
 沙門、須弥山、禅、僧、卒塔婆、陀羅尼、達磨、檀那、塔、南無、涅槃、毘沙門、仏陀、 菩提、摩詞、曼荼羅
 などがあげられます。このぱかにも、数多くの梵語が日本語化されています。
 わが国の文化に大きな影響を与えた仏教、そして梵語・梵字は、現在のわたくしたちの生活の中でも脈々と生きスづけているのです。

二、種子のもっ深遠な哲理
 さて、このような歴史をたどってきた梵字ですが、密教では単なる文字としてではなく、その
一字一字が仏の象徴であり、深い意義をもつものとして聖語化して用います。ただ単に、仏教の
聖典を記した文字であるというだけで神聖化されてきたわけではないのです。仏教経典は中国に
おいてことごとく漢訳されて日本に伝えられました。日本で読経される経典は、すべて漢訳され
たものです。その経典の中に「オン……ソワカ」というような漢語でも日本語でもない語句を発見したり、耳にしたりすることがあることでしょう。
 これは、陀羅尼とか真言といわれる梵語そのもので、如来の真実語としてふつうの経文とは区別されています。この陀羅尼や真言は、音写というかたちで漢字表記されましたが、本来は大変
意義の深いもので、翻訳不可能な聖なる言葉とされています。
陀羅尼とは、真言とは

 陀羅尼は、梵語ダ士ダーニーの音写で「総持」と意訳されます。もとは記憶あるいは保持という意味があるところから、総てを持つというように訳されたのでしょう。
 陀羅尼は、大乗仏教宣布のために、その教義を理解し、記憶し、伝承する方法のひとつだった
のですが、さらにさまざまな深い意味を持つものと理解され、また、多くの不思議な力を有するものとして唱えられてきました。
 真言は、マントラという梵語の訳語です。マントラとは、仏教が興る以前の古代インドの時代より、神々への讃歌、神呪として唱えられていたものです。しかし、仏教で真言とい
う場合は、のはかに、ヴィドゥヤー(明呪)や前述のダーフニーなどをも総括した真言密教独特の用語とされています。
 
真言は不思議なり 観誦すれば無明を除く
 一宇に千理を含み 即身に法如を証す
 これは、弘法大師空海の『般若心経秘鍵』に記されているゞ』とばですが、真言を観誦すること
によって、無明と称する根本煩悩が除かれ、この身にさとりの真理を体現することができるとい
うのです。真言とは、それほど霊験あらたかなものであり、その真言の一字一字に干理といわれ
るほど多くの意味や教義が含まれていると説かれるのです。
 真言と梵字一字に込められた深遠な意義

 真言は梵語ですから、それを記すニ子二子の梵字に、深い意味や教えが託されていることにな

ります。
     
 また、同じく空海の『梵字悉曇字母井釈義』の中に次のように記されています。
世人はただ彼の字相を知って日に用ふといへども、而も未だ曾てその字義を解せず。如来は彼
の実義を説きたまふ。もし宰相に随って而もこれを用ふれば、すなはち世間の文字なり。もし
実義を解すれば、すなはち出世間の陀羅尼の文字なり。
 これは、世間の人びとは、悉曇梵字の字相、つまり表面的な意味を知っただけで日常生活に使
用しているけれども、字義、つまり梵字が内蔵している深い哲学的な真実の意味は、まだ理解し
ていない。如来は梵字のもつ真実の意味である実義(字義)を説かれている。もし字相によって
梵字を用いれば、世間の文字となり、この実義を知って用いれば、出世間、すなわち世間を超越
した如来の世界の陀羅尼の文字となるという意味です。
 さとりを成就するための真理を、悉曇梵字の一字二子に託したものが真言なのです。それをふ
まえて空海は、梵字一宇の中に込められている意義、道理の深遠なることを説いているのです。


梵字梵語は一宇の声に於て無量の義を含む。改めて唐言となるときは、但し片玉を得て三隅は
すなはち闘けたり。(中略)この故に真言を伝ふるの匠不空三蔵等は、密蔵の真言を教授する
に~とごとく梵字を用ゐたまへり
 梵字梵語は一字の音声(波動)のなかに、無量の意義を含蔵しているので、中国(唐)の言葉
に翻訳してしまうと犬切なものを失ってしまう。それゆえに真言密教を伝えた不空三蔵は、秘密の蔵の真言を教授するために、ことごとく梵字を用いられたのであるというのです。つまり、梵
字梵語を用いることによってこそ、真理をもっともよく伝えることができるということではないでしょうか。
 
如来は衆生を導くにあたり真理そのものを説くのではなく、よりわかりやすく説くために、さまざまな喩えや方法を用いています。真理は、わたくしたちの五感で直接とらえるf」とができな
いので、如来は方便というかたちをとって人びとをさとりへ導いています。

梵字の書写で永遠の仏の叡智を得る
しかし、梵語、梵字は、真理そのものではないものの、何よりも真理に近い象徴であるとされるのです。それゆえに空海は、
然ればすなはち、この梵字は、三世仁旦って常恒なり。十方に遍じてもって不改なり。これを学び、これを書すれば定んで常住の仏智を得ん。これを誦じ、これを観ずれば必ず不壊の法身
を証す。諸教の根本、諸智の父母、蓋しこの字母に在るや。所得の功徳、撮しく説くこと能はず。ルハには「華厳」 「般若」 「火吹盧遮那」 「金剛頂」及び「涅槃」等の経口広く説くが如し。
と記されております。
 つまり、梵字は、過去・現在・未来の三世にわたって永遠であり、十方に遍在してなおかつあ
らためられることがない。梵字を学んで、これを書くならば、確実に永遠の仏の叡智を得ること
ができる。真言である梵語、梵字を誦え、これを観想すれば、かならずこわれることのない真理
の身体を体現できる。もろもろの教えの根本で、もろもろの智慧の父母ともいうべきものは、お
そらくこの梵字にあるのではないか。梵字によって得られる功徳については、細かく説明するこ
とはできない。詳しくは「華厳経」 「般若経」 「大日経」 「金剛頂経」および「涅槃経」などの
経典に広く説かれているとおりである。
 この上うに空海は説いているのですが、梵字は単なる文字としてではなくヽ真理を表現するた