釈迦如来

迦如来と
 紀元前六世紀、ガウタマーシッダールタ-は、この世の苦しみを解決する
道を求めて出家し、六年間もの苦行のあと、菩提樹の下で、ついにさとりをひらき「仏陀」(目覚めた者)となりました。
 そしして仏教をひらいた仏陀は、八ト歳で入滅するまでおよそ四十五年の間に多くのΛびとを救
い、また多くの弟子たちをニルヅアーナ(涅槃)に導きました。そして、時空を超え、久遠常住の
仏として「智慧」と「慈悲」によって一切の衆生
を救済しスづけています。

 シャーキャ族出身の聖者という意味でシャーキャムニご、すなわち釈迦牟如来とい
われます。
 脇侍に文殊、普賢両菩薩をしたがえた釈迦如来を釈迦三尊といいます。

バハ・bhah ・ 慣用音 ばく

 釈迦如来 なう まく さ ま んだ ぼ だ なん ばく