ブログ

中村元
 梵字は東洋独特の深遠な芸術である。それは東アジア、殊に日本の先人の苦辛努力した諜骨の
美を極めたものである。
 インドの文字は西紀前八世紀ごろにフェニキアから移入され、最初は商人のあいだで用いられ
ていたが、やがて一般に流布し、後代には諸宗教の聖典が文字に書写され、それは功徳あること
として推賞された。しかし、文字に宗教性を認めることはなかった。
 ところが、真言密教の興隆とともに、サンスクリットの文字(梵字)に特別の意味が付せられ
るf」とになった。それは単にコミュニケーションの手段ではなくて、一つ一つの文字が絶対の者
である仏の徳を表示するものと解せられたからである。まさに、シンボリズムの極致である。しかし、インドでは梵字についての書道なるものを発展させなかったようであるが、
梵字が中国を経て日本に伝えられるとともに、梵字は独特の美学的意義をもつようになった。幾多の先師
碩学がそれぞれ独特の書法を発展させたのである。